ご依頼の費用と流れ

弁護士費用について

弁護士費用は、主に「報酬」と「実費」に分かれますが「報酬」に属するものは右記となっています。あとはケースに応じて総額やパーセンテージが変わってくる仕組みです。分かりにくいかもしれませんが、ほとんど法律で定められている割合ですので、ご了承ください。費用が発生する場合には、事前に明確な費用をご提示させていただきますので、ご安心ください。

法律相談料
時間制でご相談を伺い、終了後にお支払いいただくものです。
着手金
結果にかかわらず、事件をご依頼された時にお支払いただくものです。
報酬金
ご依頼を受けた事件の結果に応じてお支払いただくものです。
手数料
契約書の作成など、事務的な手続をご依頼されたときにお支払いただくものです。
日当
事件処理のために遠方に出向く場合に、移動時間に応じてお支払いただくものです。
顧問料
顧問契約により継続的にお支払いただくものです。(月額1万円~5万円)

法律相談料(消費税別)

  • 個人の場合

    30分以内
    5,000円
    延長の場合
    15分につき2,500円

    ※離婚、相続、借金問題、交通事故のご相談は初回30分無料です
    (ホームページを見てご相談に来られた方)

  • 法人の場合

    30分以内
    5,000円
    延長の場合
    15分につき2,500円

    ※法律顧問契約を締結している場合、法律相談料はかかりません。

    ※個別事件を受任している場合、関連する打合せにつきましては、法律相談料はかかりません。

案件別の概算費用と手数料(消費税別)

  • 民事事件

    着手金及び報酬金の金額の算定は、相手方との間で争いのある金額を基準とし、その基準額に表の割合を乗じた金額とします。

    例)300万円を貸したが、約束の期日を過ぎても全く返済しない。
      訴訟の結果、300万円回収した。

      - 着手金 300万円×  8%=24万円
      - 報酬金 300万円×16%=48万円

    争いのある額(基準額) 着手金 報酬金
    金300万円以下 8% 16%
    金300万円を超え3,000万円以下 5%+金9万円 10%+金18万円
    金3,000万円を超え3億円以下 3%+金69万円 6%+金138万円
    金3億円を超える 2%+金369万円 4%+金738万円
  • 離婚事件

    着手金
    20万円~30万円
    報酬金

    ①離婚成立 20万円~30万円

    ②財産分与・慰謝料など相手方から取得した場合、上記民事事件の報酬金の基準

  • 相続事件

    遺言書の作成
    10万円~20万円
    遺産分割・遺留分減殺
    上記民事事件の基準
  • 任意整理(過払い金請求)

    着手金
    1社あたり 2万円
    報酬金
    過払い金がある場合、相手方から回収した額の20%
  • 自己破産着手金のみで報酬金は必要ありません

    個人の方の場合
    30万円~40万円
    事業主・会社の場合
    40万円~(事業の規模によります)

    ※なお、事業の規模により裁判所に納める予納金が20万円~100万円超、別途必要になります。

  • 個人再生着手金のみで報酬金は必要ありません

    着手金
    40万円
  • 手数料

    契約書の作成
    5万円~
    その他書面の作成
    3万円~

ご相談(受任前)の流れ

  1. 1.ご予約

    お電話(TEL:06-6311-7311)またはお問い合わせフォームから、ご希望の日時をお伝えの上、ご予約をおとりください。ご相談のみでも構いませんのでお気軽にお問い合わせください。

    ※お電話では即時回答、フォームからの場合は折り返しご連絡させていただきます。

  2. 2.ご相談

    事務所にて法律相談をお伺いいたします(30分/5,000円)。

    ご相談のみの場合は、ここで終了となります。

    再相談では、弁護士費用の算出や、より詳細な内訳をご説明させていただきます。

    再相談までの場合も、ここで終了となります。

  3. 3.ご依頼

    弁護内容や費用についての説明にご納得された上、ご依頼いただきましたら、当方で契約書を作成いたします。

    作成した契約書を交わして、受任とさせていただきます。

受任後の流れ

解決までの流れ